古代建築模型の製作日記

薬師寺西塔模型(縮尺1/25)の製作工程紹介 

1段階 地垂木組立

隅木取付から垂木組立まで
 次回より順を追って解説いたします

裳階屋根組立1段階

PageTop

面戸板製作

垂木面戸板の製作

4.3mm丸穴を40個あける
板厚3mm 巾8mm 長さ 約360mm
ゲージを作成し下穴をあけると穴あけ精度がでます

初重裳階面戸板

PageTop

面戸板取付

面戸板を接着取付

仮隅木を作り現物合わせで固定する
4mmの仮垂木棒を使い固定する

面戸板取付a

PageTop

木負部品加工

木負部品加工
  四本作製する
溝加工後両端部の曲げ加工を行う
 方法 熱湯蒸気を当てて曲げると良い


裳階木負加工

PageTop

隅木組立

初重裳階隅木加工

写真寸法の通り四本製作する

初重裳階隅木a

PageTop

茅負組立

茅負組立

両端を曲げ(写真寸法)四隅を接着する

裳階茅負曲げ加工

裳階茅負組立

PageTop

隅木、木負、茅負組立

隅木を取付後仮の垂木を通し木負を取り付ける
後に茅負を隅木に取り付ける

茅負.隅木組立

PageTop

裳階屋根垂木取付

垂木取付
現物合わせで48本取り付ける
垂木部左右四本は飾り垂木
垂木棒は、朱色塗布し組込む

垂木、木負取付

PageTop

地化粧板取付

地化粧板取付
中側面は、白色塗装
 現物合わせで取り付ける
  今回2mm厚の合板を使用しました地化粧板

PageTop

飛えん垂木組立

裳階飛えん垂木取付

4mm×3.7mm 長さ75mmを取り付ける
飛えん垂木は各方向とも 52本を取り付ける

飛えん垂木組立-1

PageTop

化粧板取付

飛えん垂木の上に化粧板を取り付ける

板厚2mm 巾21mm 隅は現物合わせとする
化粧板下側面は白色塗装

化粧板取付

PageTop

野地板取付

母屋を取付その上に野地板をはりつける

野地板は2mm厚 ベニア板使用しました

野地板取付

PageTop