古代建築模型の製作日記

薬師寺西塔模型(縮尺1/25)の製作工程紹介 

西塔各部の名称と構造

西塔各部の呼び名と構造

薬師寺西塔各部名称-a
薬師寺西塔の構造は、屋根部垂木の上に
  上層部が乗せてあるだけです

初重屋根の上には、二重 三重 相輪部の全加重がかかる
二重屋根の上には、三重 相輪部の全加重がかかる
三重屋根の上には、露盤 相輪の全加重(約3.5ton)が
  かかり塔全体を安定化させています
      西塔の総重量 650ton
心柱は、根継石の上に乗り 伏鉢部で接触しているだけです


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する