古代建築模型の製作日記

薬師寺西塔模型(縮尺1/25)の製作工程紹介 

垂木組立

隅木を四隅に取付て面戸板を側桁および垂木掛け(白色部)上に
 面戸板を取付て垂木を通す 下記(   )寸法は実寸

 側桁間ピッチ 420.5mm (10.511M)  側桁中心位置からのピッチ

 側桁内側部には40本の垂木が等間隔に取り付けられる
  側桁外側 4本 合計 48本が取り付けられます 

   地垂木間ピッチは 10.5mm (26.3cm)
     垂木太さ 4Φ

木負
 両端は隅木に組み込み 地垂木の上に固定される
 軒ぞりに合わせ両端側は やや反りを設けています(先端で約4mm)
   飛えん垂木が組み込まれる溝数は 48箇所 
   ピッチは地垂木と同じ10.5mm(26.3cm) 

木負組立
  

初重裳階屋根

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する