古代建築模型の製作日記

薬師寺西塔模型(縮尺1/25)の製作工程紹介 

初重裳階柱組立

初重裳階(もこし)柱を建てる  (外周部分の柱)

当時の建築技法にならい
裳階隅柱は、若干他の寸法より長く内側に倒す
隅のび内ころび技法を取り入れました


初重裳階柱組立
朱色塗り部 現存の西塔は べんがら(酸化鉄の一部)
  が塗られている

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する